ケイ素水とはミネラルウォーターのことで、ケイ素というミネラルが豊富に含まれています。ケイ素そのものは土や岩石の中に多く存在しており、山に降り注いだ雨が土の中を浸透していく中でケイ素を吸収し、最終的にケイ素水となるわけです。

市販で販売されているケイ素水は、山から流れてきて地下水となったものをくみ上げてペットボトルに詰めているため、不純物がなく安心して飲むことができます。

ケイ素の効果

ケイ素の効果ですが、体の組織を丈夫に結合させる働きを持っています。

髪・爪・骨を丈夫にする

ケイ素(シリカ)の効果としては爪を丈夫にしてくれる働きがあります。よく爪が曲がったり、もろかったりする人は爪にシリカが不足しているケースがあるのでこういう時にこそシリカを摂取して爪を強くすることが大切です。

ハリのある肌を目指すことができる

ケイ素は肌のハリを高める効果もあります。

ケイ素はコラーゲン同士を結びつけるので、太くて丈夫なコラーゲンを作るサポートをしてくれます。

そのため、毎日ケイ素を摂取していくことで弾力性のある肌を目指すことも可能なんです。

年齢を重ねるにつれてコラーゲンを作る能力は衰え、ケイ素も不足していくため肌のハリは不足するのですが、今からケイ素を摂取していけば十分に美容対策ができますよ。

実際に何ヶ月もケイ素水を飲まれている方で以前に比べて、肌に弾力性を感じるようになったり、うるおいを感じるようになったという方は多いので本当におすすめです。

ケイ素はシリカと同じもの

ケイ素とはシリカのこと

ケイ素水はシリカ水と同じということについて理解しておきましょう。ケイ素とシリカは同じものを意味していますが、呼び方が異なるだけなので市販のケイ素水とシリカ水は同じものなんです。

ケイ素水=シリカ水

おすすめのシリカ水(ケイ素水)ランキング

1位 玉肌シリカ天然水

玉肌シリカ天然水画像引用元:http://tamahada.jp

玉肌シリカ天然水は1L当たりのシリカの含有量は97mgと市販のシリカ水の中で最も多くのシリカを含有しています。
自然豊かな霧島で湧き出したミネラルの豊富な水を採取しているのでとても体にいいのが特徴。

また、シリカ以外にもバナジウム、マグネシウム、サルフェートといったミネラルもバランスよく入っているので美容に最適です。

玉肌シリカ天然水の口コミ

・ケイ素が肌にとてもいいと聞き先月から飲んでいますが肌のハリが出てきているのを感じます。

・最近自家製のスムージーを作っているのですがそれにシリカ水を加えるようになってからとても体の調子が良くなっています。

・今までスーパーに売ってある普通の天然水を飲んでいましたがもっと美容にいい水を飲みたいと思い玉肌のシリカ水を飲んでいます。とてもまろやかな飲み心地なので体にいいと思っています。

・紫外線にあたることが多かったのでシミがぽつぽつとできていましたが肌にいいケイ素水を2ヶ月ほど飲んでから調子が良くなっている気がします。

・ケイ素水は以前から気になっていましたがなかなか手を出せずにいました。今回玉肌のお試しコース(500円)がでたので購入しましたが飲みやす買ったのでそのまま定期で購入するようになりました。

2位 フィジーウォーター

フィジーウォーター

フィジーウォーターは名前の通り、南太平洋にあるフィジーでとれた天然水です。

数百年も地下でろ過された天然水なのでミネラルが多く含まれています。

海外産の天然水ですが地下から空気に触れない状態でボトリングしているので鮮度を保ったまま飲むことができます。

フィジーウォーターには1L当たり92mgのシリカが含まれています。

3位 美ウォーター

美ウォーター

美ウォーターも玉肌シリカ天然水と同じで1Lにシリカが97mg含まれています。初回限定で3本セットが500で購入できるので試してみて良ければセットで購入するといいでしょう

 

ケイ素水(シリカ水)は一日にどのくらい飲むといい?

ケイ素は一日当たりの摂取量が40mg程度が良いといわれているので、一日当たりケイ素水を1リットル程度飲むのがおすすめです。ここで紹介したケイ素水(シリカ水)は一リットル当たりケイ素(シリカ)が90mg以上含まれているので一リットルも飲まなくても大丈夫ではと思うかもしれません。ですが、摂取したケイ素がすべて吸収されるわけではないのでこのくらい摂取しておくべきなんです。

ケイ素水(シリカ水)はどのくらい飲むことで効果を実感できる?

ケイ素水(シリカ水)を飲み始めて数日で大きな変化を実感できるわけではありません。何ヶ月も飲み続けていくことでケイ素の効果を得られるので、少なくとも三か月以上は飲み続けることが大切です。そうすれば体内のケイ素の量も増えているので丈夫な肌や爪・髪を形成することにつながります。